Month: 8月 2017

ピアノが私の人生を変えたピアノは最高の楽器

子供の頃音楽教室に通っていてオルガンを習っていました。ある日友達の家に行くと卓上ピアノがあり,弾かせてもらいました。そのときの 音の違いと指の感覚の違いに驚いたことは今でも忘れることはありません 当時はピアノは簡単には買ってもらえませんでしたが親に粘りに粘りやっと買ってもらえた時には ピアノの先生にもっと早くにピアノを習うべきだったといわれました 要するに指の形がオルガンで慣れてしまっているので うまく弾くことができなかったんです。でも ピアノがすきで 一生懸命に練習して中学の勉強もそっちのけで練習して ある日 私が合唱コンクールの学級のピアノの伴奏者に選ばれました。高校の受験も迫っていたのに合唱コンクールのピアノの伴奏にのめり込んで勉強もそっちのけ でした。 学校の合唱コンクールでは見事に優勝できました。が、高校の受験先がなかなか決まらず 適当に私が入れるところでお願いしましたら(成績悪いし)先生が私の頑張りをわかってくれまして 自分の思っていなかった 学校にはいることが できました。 その学校のおかげでその後の人生がうまくいきました。 それぐらい ピアノはわたしにとってなくてはならいものです。ミュゼ 300円

グルーデコで、小物を自分好みのキラキラにアレンジ

「グルーデコ」にハマっています。グル—といわれる特殊な粘土のようなものを土台にして、スワロフスキーを埋め込んでいくようにデコしていくものです。
最初はお友達に誘われ、何の気なしに体験レッスンというものを受けてみたのですが、一度やっただけですっかり取りつかれてしまいました(笑)
グルーデコの何が魅力なのかというと、まずスワロフスキーのキラキラな輝きに癒されます。キラキラ大好きなんですよ。
そして、意外に簡単で、自分好みにいろいろなものにデコすることができること。接着剤などでのデコと違い、しっかりグルーに埋め込むので取れにくいんです。
さらに無心に作業できるので、日ごろの嫌なことなどを考えずにすむこと。まぁ、ずっと同じ姿勢で作業しているので、夢中になりすぎて肩がこることもあるのですが…。
自己満足ではあるのですが、オンリーワンのアクセサリーやストラップなどを作っては、一人でニヤニヤしています。ちょっとしたものを、自分のオリジナルの小物に変身させることができるので、すごく楽しいですよ!

古舘伊知郎さんの息子がひよっこに出演していました

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」、後半戦を迎えています。みね子が頑張って働いているすずふり亭でオーナーの鈴子さんやスタッフのみんなに可愛がられていますが、商店街の周りのお店の人達とも仲良くやっています。中華屋さんの夫婦、和菓子屋の親子がいるのですが、その和菓子屋の息子を演じている俳優さんて誰なのかなとずっと気になっていました。毎朝「ひよっこ」を見ている時、家事の合間で歌の部分はじっと見れていないのですが、先日パッと見た時俳優さんの名前が出た時に一瞬「古館」という漢字が見えました。気になって調べてみるとキャスターの古舘伊知郎さんの息子さんだったのです。
古舘佑太郎さんという方で現在26歳だそうです。歌手活動もされていたようですが、現在は俳優さんとして活躍されているとのこと。小柄な感じは似てはいますが、お顔は似ていないのでお母さま似なのでしょうか。しかも、演じている役も無口な役。お父さんと逆の設定です。いったいどんな人なのかもう少し知りたいなと思っています。即日貸金 カードローン

三重県で、おすすめのお土産を紹介します。

三重県で、おすすめのお土産を紹介します。
鈴鹿市にある、新星食品というお店の、伊勢志ぐれ煮(100g、500円)は、減塩発酵の生引たまり醤油や、伊勢醤油をまぜて
作られているそう、厳選されたアサリをふっくらと炊き作られているそうで、程よい味付けで、アサリの旨みがしっかり感じられる
おいしい一品でした。食べ方としては、ご飯と一緒に食べたり、お茶漬けに入れてもおいしく、おにぎりの中に入れてもおいしいです。
また、ネットでも購入できるそうです。こちらのお店は、9時から16時までで、日曜日と、祝日がお休みです。
伊勢市にある、魚春(うおはる)というお店は、伊勢志摩の土産物を販売するお店で、さめのたれ、という商品が、お土産として
オススメです。さめのたれ(100g、430円ほどだったと思います。)は、サメの干物で、切り身に塩を振り天日干しにした、
しおたれと、薄い切り身をみりんにつけて天日干しにした、あじ(みりん)たれの、2種類があり、どちらも、サメの旨みがしっかり
感じられ、おいしかったです。おいしい食べ方としては、少し炙っていただくと、香ばしくおいしいです。
こちらのお店は、9時から17時までの営業です。アリシアクリニック ビューティ スムース

手芸用の針について、思うこといろいろ書いてみます。

私は、お裁縫をする時、セルフ針と呼ばれる針を使っています。
名前の通り、針に糸を通すことが簡単にできるのです。視力の弱い人に使えるものだそうです。
私も視力が良くないですので、非常に楽に使っています。
ただ、インターネットの掲示板によりますと、みすみ針が使いやすくて良いそうです。
周囲にも、みすみ針の使い心地が良かったというものもおります。
ただ、みすみ針には、セルフ針と比べて、糸を通しにくいという、視力の弱い者にとっては、残念なところがあります。
みすみ針を使っていて、糸を通しにくい場合、糸を通しやすくする道具もあります。(もちろん、みすみ針以外の針を通すこともできます)
その道具は、デスクスレダーといい、針と糸をセットして、ボタンを押すだけで糸通しができるものだそうです。
評判は良さそうですので、今度みすみ針とデスクスレダーを買って使ってみようと思います。
その時は、拙文にて、感想を書いてみようと思います。
ただ、セルフ針もとても楽です。おすすめです。一家にワンセット、あれば良いと思います。

子供用の絵本、「パンダ銭湯」というのはご存知ですか?

うちには未就園児の子供がおり、子供用に色々と絵本を買っております。
その中でも大人も楽しめるのがタイトルにもある「パンダ銭湯」という絵本です。
作者は「tupera tupera」で、内容的にはパンダの家族がパンダ用の銭湯を利用するというだけのストーリーなのですが、
とにかく、本全体のインパクトが凄いです。まずは表紙。パンダ家族(父、母、子供)が銭湯の前で記念撮影をしているようなショット。
正直、この絵を見て本を購入した位のインパクトとなってます。そして、本を読んでいくと、ビックリする様なことが連続して描かれております。
この絵本でのパンダは、手足や体の黒い部分はシャツや靴下、更に目の周りの黒い箇所はサングラス、
耳も黒いワックスで塗りつぶしているという、ぶっ飛んだ設定となってます。(お風呂で体を洗うとシロクマ状態です。)
また、背景に描かれているポスターや張り紙などにも注目してください。パンダに関するような内容ばかりが描かれており、笑ってしまいます。
お子様と一緒に絵本を楽しみたいのであれば、是非「パンダ銭湯」と購入してみてください。これはお勧めです。

夏休みっていたるところで子供が騒ぐから苦手なんです

ついに夏休みが到来してしまいましたね。
かなり残念です。
私は夏休みが苦手なんです。
それは街中やいたるところが子供だらけになってしまうから!

…というのも、私って騒がしいのがかなり苦手なんです。
だからいつも世間の休日は出掛けずに、遊びにいくなら平日だけです。
平日は静かでゆっくり過ごせるからすきなんです。
だけど土日ともなると、いたるところでワーキャー始まるから頭が痛くなってダメなんです。

夏休みって長いですよね。
これから一ヶ月以上もどこに行っても子供だらけなんてキツすぎます。
できるだけ子供が集まらない場所にだけ出掛けようと思ってます。

ただでさえ暑くて参っているのに、それに加えて子供ばかりはきついです。
そういえば、私って昔からそういう子供が集まる場所って苦手でした。

ファーストフードや駄菓子屋、ファミレスよりも、ホテルのコーヒーラウンジとか落ち着くから好きな子供でした。

そう考えてみると、大人になっても苦手な場所ってあまり変わらないかもしれません。

お弁当の作り方や、お掃除の仕方、教えてほしいのです

親も、社会が複雑で、余の中を教えるのが大変、難しいです。そんなときに、200億の学校で、教えていただけると、感謝しかありません。子供もバイトできないけれど、ぶらぶらするわけでもなく、様々な知識を持つこともできます。子供たちへの寄付です。みんな感謝すること間違いなしです。楽しいと思います。若い子供は素直ですから。後に続く高校生も中学生も、バイトできない子供たちは、学校に通いたがると思います。お掃除の仕方でも、お料理でも、できませんから。社会の常識は教えられないのです。お弁当の作り方なんて、一番知りたいところです。こんなところがあったら、ありがたすぎる。たとえば、スチームワイパーで、洗剤もいらずに、お掃除できるというのです。やってみないとやり方もできません。まず、教えてもらって、ちえを授けてもらって、工夫するのです。道具も使ってみないと、わからないのです。まず、とっかかりを教えてもらえると嬉しいのです。

夏になると、どこかへ旅に行きたくなります。

私にはまったく関係がありませんが、世の暦というものは、確実に夏へ、しかも夏休みへと近づいています。
家で働く私には「夏?だからどうしました?」みたいな感じではありますが、新聞、チラシ、テレビ、ネット、どれを見ても、「もうすぐ夏です!」と鼓舞しているように見えます。
こちらから見ると、焚きつけられているというか、発破をかけられているようにも思えます。
家族でどこへ行きたいか、よく話をしますが、いつも途中で終わってしまいます。やはり旅行会社などのパンフレットを参考にしたほうが良いのかもしれません。
私の場合、どこかへ行きたいな〜と思いつつ、ではどこがいいかと言いますと、いろいろ候補があって迷ってしまいます。
個人的には、歴史があって、お城や歴史的建造物がある(再現はOKです)、街歩きが楽しそうな土地がいいなと思うのですが、今の日本、いいところがいっぱいあります。
まだ、夏まで日にちがあるから、それまで考えていようと思います。
ところで、先述の「発破をかける」の発破は、鉱山や土木工事などで爆発させることやその火薬である「発破」と同じ字で、そこから来ているのですね…知りませんでした。永久脱毛 アリシアクリニック