Month: 2月 2018

なんとも言えない時期のプロ野球球界事情?

今日もプロ野球界ではドラフト会議で指名をもらった選手が契約し、記者会見を笑顔で行って新たなスタートをきる中、既存の選手は契約更新に臨んでいます。上がったり下がったり。今のところ球団と喧嘩している選手はいない模様で一安心です。金銭面でのいざこざはドキドキしますし、過去を振り返ると、いざこざでFAしたりしていなくなった選手が・・・いたり。(贔屓の人気選手でいたので私には苦い思い出です)どちらが悪いとは言えませんがやはりちょっと気まずいです。そのような中、今年は選手の移動が少ないような気がします。戦力外の選手やトライアウトを受けた選手や自由契約になった選手の入団情報があまりにも少ないと思います。それもそのはず、日本一になった球団・リーグ優勝した球団に共通して言えること。それは、生え抜きの選手が活躍して強くなっている!ということです。そりゃ、わざわざ新規成約して(お金だして)新しい選手取らないですよ。

欠席する法事に送るお供えのアレンジメントが決まらない

最近、私はいつも夜に自宅のパソコンでネットを見ては、う〜ん…と唸って悩んでいます。先日実家の両親から連絡が来て、今年のお盆は母方の祖父の50回忌にあたる年なので、家族皆来てほしいと呼ばれているとの事でした。しかし、私はその日どうしても抜けられない用事があり、その法事に参加する事は出来そうにありませんでした。
以前にも一度どうしても出席出来ない法事があった時に、自分の代わりにお供えのお花を贈った事があったので、今回もお花だけでも贈ろうと思いました。しかし、その頃は自宅の近くにお気に入りのセンスの良い生花店があったのですが、その後引っ越してしまったので、近くに良いお花屋さんがないのです。
住んでいる街のデパートに入っている生花店を覗きましたが、見本として作られた夏のお供え用のアレンジメントは、冷蔵庫に入っているにもかかわらす花がしおれていて、センスも悪く、クール便で送ると花が凍る事があるので普通の常温便での配達だと言われました。あまり長時間冷凍の物と一緒にクール便の車に乗せて運んだら、そういう事もあり得るのかもしれませんが、かといって、今年の様な猛暑の中、生花のアレンジメントを常温で送って、届いた頃に花が元気だとは到底思えませんでした。
そこで、仕方なく私はそれから毎晩の様にパソコンにかじりついては、センスが良くて信用出来そうな、お供え用のアレンジメントを扱っているページを見て、口コミをチェックしているのでした。しかし、センスが良さそうだなと思っても、どれも写真は大体のイメージですし、口コミでは思ったより花が少なくスカスカだった…花が折れていた…等と書かれていたり、なかなかこのお店なら!という所が見つかりません。
どんなに良いお店でも、たまたま運が悪い時もあるでしょうし、最後は自分の勘で選ぶしかないのですが、今日もまたう〜ん…と唸り続けている私です。